あの青春をもう一度!!アラサー女子バックパッカー 東南アジア旅

「30代になっても濃い〜ぃ女子旅しよう」
女子力高める前に経験値高めたい。

お年寄りになっても行ける場所にはいつか行けばいい、
今しか行けないところに、今のうちに旅行してみよう。

女子旅だけど、安全な旅は退屈だ。
ちょっと危ないぐらいが旅は楽しい。濃い冒険をしよう!!
アラサー女子AJITAMA(あじたま)の東南アジア旅!!

2013年 8/5〜8/13 ムイネー(ベトナム)
2015年 5/18〜5/27 ピピ島(タイ)
2016年 1/14〜1/23 ロン島(カンボジア)
2016年 8/6〜8/11 エルニド・パラワン諸島(フィリピン)【計画中】

【9】アラサー女子ピピ島旅 ついに旅の目的地!!ピピ島へ上陸!!

さて、時間がゆっくりしすぎて飽き飽きしてしまったリゾート、



ライレイを離れる朝がやってきました。



まったり、ゆったりと朝食を食べます。




さすがリゾートライレイ、朝からホテルの従業員が、



海岸に流れ着いた漂流物(ゴミ)を拾い歩いてます。




あの汚いトンサイから流れてくるんだろうな。



同じビーチだしな。



魅惑たっぷりだったトンサイ、記録はこちら

  ↓  ↓  ↓




うってかわって思う存分休憩ができたライレイ記録はコチラ

  ↓  ↓  ↓



ライレイから目的地であるピピ島への行き方は、フェリー。



泊まったホテルと反対側のビーチから出発するのだとか。



桟橋へ向かわなきゃ。





たぶん30分ぐらい待たされただろうか。



やっと動き出したとおもったら、田んぼ耕すんかい!って思う車に



家畜のように乗せられました。



海が相変わらずドン引きなので、近くまで舟が出せないのだね。







桟橋へと降ります。



そこで次は小さい舟に乗り込みます。



もー、早くフェリーに乗せてくれー







この小さい舟に、これでもかというぐらい人がドンドコ乗ってきます。



沈む!沈む!



携帯電話とカメラが心配になるのでした。





そんでやっとフェリーが着き、次々と乗り込むのでした。




フェリーに乗り込むまでが本当に長い。



時間もわからずただ待ちました。







フェリーは中も外も人でいっぱい。



ただ言えるのは、この暑さで中にいるのはまじで辛い。



蒸し風呂です。



皆でかい荷物はフェリーの中に預けます。




私たち二人はフェリーの上で気持ち良く寝転がってました。



ピピ島まで二時間だったかな?



のんびりのんびり風を楽しんで。



ちなみに、「アオナン」、「ライレイ」のある「クラビ」からピピ島への



距離感はこんな感じ。



これがこのフェリーでの移動です。






ちなみに二人とも乗り物酔いするので、



しっかりと酔い止めを飲んでおきました。






ふと上を見上げると、太陽に輪っかがかかっていました。



「わ〜これはいい旅の兆候じゃない〜」



って二人でめでたいね〜って話していました。



あとで知ったのですが、これは、



ハロ現象といわれる超レアな太陽のようです。

この日、2015年5月21日は、この太陽の輪っかで、

メキシコでは、「悪い兆候だ」と大騒ぎになっていたようです。


   ↓  ↓  ↓





そしていよいよ!!!!!!!!



フェリーが減速します。



振り向くと、






ピピ島が見えてきました。



二人で大興奮。



早く荷物受け取って、降りたい!!






びっくりです。




以外と・・・・・・・・栄えている・・・・・・




予想以上に観光地化しており、



賑やかなのはいいんだけど、綺麗でした。



こんなゲートまであるしさ・・・




ゲートの下で、予約しておいたホテルの兄ちゃんが



ホテルの名前を掲げて待っていました。



はいはいあたしたちよーって、荷物渡して、歩いて移動です。





ピピの町並みは、そりゃーもう、賑やか。




いろんなところで、ツアー会社、レストラン、バー、



スキューバーできるとこ、もうなんでもありました。



そして、ピピ島は実は二つありまして、



私たちが泊まるこの有人島が、「ピピ・ドン島」



夜な夜なパーティー三昧の島はこのピピ・ドン島。






ディカプリオ氏が演じた映画「ザ・ビーチ」の舞台は、



無人島の「ピピ・レイ島」



有名なあの「マヤ・ベイ」があるところです。







マヤ・ベイ、ピピ・レイ島には、現地ツアーで行ってきあす!!



それが目的で来たんだしなぁ!!




そして私たちが滞在するのは、ビーチが綺麗と言われているコチラ



ローダラム湾。



ビーチパーティーもこちらがメインです。



反対のトンサイビーチは、今回乗ったフェリーの帰着地なので、



人も多いし、海も濁っています。




到着はトンサイ湾ですが、歩いて10分ほどで



このローダラム湾側へ出れます。






お兄ちゃんがリヤカーで荷物運んでくれたので、



全く苦は感じなかった。



あー!!


ホテルから見えるローダラム湾!!






ホテルはビーチ横なので、こんな綺麗な海を横に過ごせるなんて!!



あー幸せ🎵



ちなみに泊まったホテルはここ。

まだ新しいらしく、建物もアメニティも申し分なし!!

  ↓  ↓  ↓



荷物を置いて、部屋の綺麗さにはしゃいだあと、




ピピの街へ繰り出すのでしたー




フェリーで着いたトンサイ湾にもう一度行く。







うん。間違いなくローダラム湾より濁ってるな。




でも、由比ヶ浜や湘南の海に比べたら100万倍綺麗だけどな。









うらやましいよ。猫。




おまえになりたいよあたしは。




さて、ピピ島と言ったら有名なバケツ!!



バケツと言っても、酒が入ってるバケツ!!






ビーチパーティーでは、このバケツもって、みんな飲んで騒いで。



私は飲めないので、今回はYUDETAMAさんが飲みました。






マルガリータなのかな??



それにしてもすごい量です。



こんな飲んだらお腹壊します。




私はおとなしくフルーツスムージー






周りに白人たくさん。



この島にはイケメンしかいないのか!って思うほど、



体つきのいい白人の若い子がたくさんいます。




さて、腹ごしらえにー



早速ローカルな美味しそうな店に入りました。








決して綺麗ではないが、こういう店のほうが美味い。



と、それが私たち二人の意見でした。




写真横のカップルが、「それ美味しそうね、何頼んだの?」って聞いてきました。




やっぱり欧米人(北欧人かも)には勇気がいるんだろうな、頼むの。



そして横でアジア人女子二人が美味い美味いって食べてたら食べたくなったんだな。




しかしまーうまかった!!








だんだん賑やかになってくパーティーアイランド、ピピ島。




一体いままでこの若者たちはどこにいたんだ?



寝てたのか??



夜になると人口が増える不思議。






「ひまだし、タトゥー入れちゃう?」



そんなノリが聞こえてきそう。



みんなダラダラ



音楽きいて、



ダラダラ




音楽が聞こえてきたので、ライブハウスに入りました。



(オープンなので丸聞こえ。壁なし)






たぶんここに居座ってしまったんであろうオーストラリア人の若者と、



タイの街からきたのかな?アジア人若者がセッションです。



楽しかったな〜



日本にもこんなゆるい感じのバーがあればいいのに。





さて、本題のビーチパーティーに向かいます。




ビーチに近づくにつれ、聞こえてくるミュージック。



賑やかだな〜










正直、皆よっぱらいすぎで、何を言っているか意味不明。



時間になれば、ファイヤーショーやるのだとか。



居座って、眺めることにしました。












生ぬるい風と、



海の音と、爆音と、



火の臭いと、怪しい草の臭いと、



酔っ払いのしゃべり声。




長い長い不思議な夜。



これが・・・パーティーアイランド、ピピ島か・・・




変な達成感を感じる私たちでした。






そりゃバーもお立ち台になるわ!!



夜はいつまで続いたのか。



私たち二人は、翌日の現地ツアーのため、早めにホテルへ戻り、



さっさと寝たのでした。




明日はさっそくあの憧れのマヤベイ!!!!!!!!!!!








=続く=













×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。