あの青春をもう一度!!アラサー女子バックパッカー 東南アジア旅

「30代になっても濃い〜ぃ女子旅しよう」
女子力高める前に経験値高めたい。

お年寄りになっても行ける場所にはいつか行けばいい、
今しか行けないところに、今のうちに旅行してみよう。

女子旅だけど、安全な旅は退屈だ。
ちょっと危ないぐらいが旅は楽しい。濃い冒険をしよう!!
アラサー女子AJITAMA(あじたま)の東南アジア旅!!

2013年 8/5〜8/13 ムイネー(ベトナム)
2015年 5/18〜5/27 ピピ島(タイ)
2016年 1/14〜1/23 ロン島(カンボジア)
2016年 8/6〜8/11 エルニド・パラワン諸島(フィリピン)【計画中】

【6】アラサー女子ピピ島旅 タイのクラビ・アオナンはホント日本人率ゼロ!!んなもん関係ない!値切った格安現地ツアーで象乗り&ラフティング&ZIPラインを満喫 in パンガー!!(アオナンからバンで二時間)


タイのクラビ・アオナン二日目。



前日、可愛いお姉さんに値切ってもらった現地ツアー!!



値切りの内容はコチラのページで。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓




朝8時にホテルにバスが来るそうでね、、、



時間があったので、ホテル横のスタバへ。



どこに行ってもスタバのコーヒーは飲みたくなるなぁ



暇つぶしに、朝から元気なおばちゃん二人です。






スタバに入って店員さんたちと、「コップンカーッ」(ありがとう)って挨拶しあって、



なんだか居心地がいいわ〜と思いました。



いくら聞いても、「おはようございます」はタイ語でなんていうか覚えられなかったわ。



さて、現地ツアーはここアオナンからバスで少し離れたパンガーに行きます。





おいおい、地図で見るとすっげー遠い・・・



日帰りで行けちゃうんだな、すげーって思ってました。



8時になってもバス来ませんでした。



少し遅れて、バス到着。



バスっていうか、バン到着。



みんなで乗り込みまーす。





この日のバスガイドさんが、どう見ても怪しくて、胡散臭い雰囲気で。



おいおい、本当にこのバンに乗っちゃって大丈夫なのかよ。って思いました。



太陽に吠えろに出てくるようなサングラスかけてるんですもん。





しかーし、中身はとにかくいい人で、テンションの高い優しいおじさんでした。



今日はラフティングの川の水量が少ないからと、



5キロから7キロに延長するプランを、普段は1200円だけど、



700円にまけてくれると言うので、



延長して7キロのプランにしました。



この怪しいガイドさんとは、写真撮りあったりして、



一日通して、仲良くなりましたよー。



英語がすっげー片言で、聞き取りが難しくって仕方ない。



バンで向かいます〜。






クラビからパンガーに着くまで、一体何本のヤシの木を見たんだろう。



ヤシの木のの森。とにかく360度ヤシの木。の中を走っていきます。





バンには8人ぐらい乗ったのですが、中でも2名の韓国人カップルが、



英語が全然理解できないらしく、ガイドさん困った挙句、



「誰か、韓国語話せる人通訳してあげてー」って言ってました。



さすが韓国人。通訳できる人がいて、カップルは注意事項など確認できるようになりました。



いいね〜この助け合いな感じね〜。





旅のお供は「いろはす」的なミネラルウォーター。



これ、どう見てもいろはすでしょ。タイ語読めないけど。






いや〜さすがわたしね、晴れ女!!大快晴ですわ。



日頃の行いがいいってこういうことを言うんじゃないか?



しばらく走ったら、途中バンに給油するために休憩。







ガソリンスタンドには、日本でいうコンビニがついてたのですが、



売ってるものはフルーツ。



おいしそうだったな〜








でも、やっぱり、ナマモノは気をつけましょう。



おいしそうですが、どこでお腹を壊すかわかりません。



ここでシンガポールから遊びに来たっていう二人の男の子と仲良くなります。



タイっていいよね〜クラビいいよね〜って話してました。





さー、そっから数十分走ったところで、



いよいよパンガー到着ですー。



まずはここでラフティング&ZIPラインやります。



中には四輪バギーをやるツアーの子達もいました。



いいな〜。どうせなら一日で全部やっちまいたかったわ!




すごいたくさん観光客がいました。



パンガーは、陸路でプーケットに行く中間地点なので、



プーケット方面からツアー参加する人も多いみたいです。



はい、まず最初はZipラインで、その後ラフティングなのですが、



やっちまいました。何も写真撮ってません。



Zipラインは、到着早々



「さ、あの山登って、上に機材あるから身につけて、Zipラインで降りてきて」



って簡単に言われました。



確かに、山の中腹からラインが見えます。



そこまでヒィコラ言いながら登り、



ガイドさんにハーネスをつけてもらったのですが、



もーすごいダルそうだし、すべてが適当そうに見えるので、



「この人に私たちの命を預けて大丈夫なのだろうか・・・」



と不安が募りました。



しかし、もう登ったからにはやるしかない、



今まで何百人かすべって、落下した人の確率はたいしたことないだろう。



とお得意のポジティブシンキングで、えーいと滑りました。




さすがガイド。



ちゃんとハーネス安全につけてくれてたわ。



無事下までついて、お股がとにかく痛い。ハーネスに締め付けられて痛い。



ラインに宙づりにされたまま、「いたい!いたい!」と



騒ぐわたしでした。注目の的。




降りたらそのままラフティングへ向かいます。



ヘルメットかぶってー、ライフジャケット着るだけ。



わたしはラフティングにハマっていた時期があり、長良川で何度かやったことがあるのですが、



ここパンガーの川は、ダムが付いていて水かさが足りなかったらダムから水を流して



増水させるようです。



ダムあけてから数分後には、みるみる水かさが増えて、



さっきまで岩に挟まって止まってしまってたボートがみるみる浮いてまた動き出すのでした。



すごいよね〜。



ラフティングガイドは1ボートずつ一人つくのですが、



これがまた中学生ぐらいの男の子が私たちのガイドで、



裸足だし、無口だし、思春期真っ只中って感じの子でした。



すげぇなぁ〜



日本だとまず装備は完璧にしないとラフティングしないのにねぇ。



この気楽さがタイらしかった。



さっき一緒にバンに乗っていた子達が、



森のなかを四輪バギーで走っているのが見えました。



羨ましかったな〜。




ラフティングの途中、ガイドがボートを止めたのですが、



なんでかな?と思ってたら、



なんと!!!!!!!!!!!!



森から出てきた象が、何匹も川を横断していきました・・・・・



すげえええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!



象が来るからボートを止めたのだな。



横断歩道かよ・・・ここ・・・ただただびっくりしました。



ラフティング後は、バイキング形式のご飯です。





一緒にツアー行ったみんなと同じテーブルで食べて、



楽しさを共有したいい時間でした。



ご飯の後は出発まで時間があったので、外のベンチで爆睡。



肌が焦げました。



次はいよいよ象乗り。



動物園?なんなんだろう?象園?



そこへ到着し、象に乗りました。



ここの象乗りガイドさんたちも、やる気感ゼロで、



象の背中に寝転びながらダラダラしてました。



ひまだったらしかたないよね〜。







私たちが乗った象のガイドさんは、陽気な人で、



日本語は話せないものの、いきなり



「ゾ〜さん ゾ〜さん



 お〜鼻が長いのヤ〜」



って歌ってくれました。



「お・・・お鼻が長いのや?!関西なまり!?」






1周まわって、さあ終了。



次は子象とお猿さんのショーです。



これがまた可哀想で可哀想で・・・



こうやって子供の頃から教育された子象たちが、



大きくなってから象乗りの象として働くそうです。



象は頭がいいだけに、悲しみとかわかる気がして、



なんだか切ない気持ちになりました。



子象、人懐こくてかわいかったなぁ。





しかし、この子の行く末を考えたら、



毎日毎日あの小さい区間をぐるぐるまわる象乗り用の象になるのか・・・



と思ってとても暗い気持ちになりました。



とっても賢いお猿さんもしかり・・・。





仕方ない。



現地の人だって、生きていくためにやってるんだからな。



いろいろ考えさせられました。



その後は、園内を観光。



タイっぽい建物、タイっぽい動物、タイっぽい植物などありました。







そんななんだか世知辛い気持ちも、同感できる同行者YUDETAMAさんと、



今回この旅に来れてよかったなぁとほんとに思いました。



とりあえず、無事ツアー完了できてよかった!!



記念に〜1枚❤️




そこからまたバンであの怪しいガイドさんと共にアオナンへ戻りました。



帰りは寝てて記憶がありません。



着いてからは、二人でホテル近くのヨーロピアンレストランへ。



一人2500円という、このへんじゃハイランクのレストランでしたが、



うまい!魚うまぁああああああああい!!!!!!



大満足でした。



こういうところでお金節約してたら、もっと安上がりな旅になります。



しかし、使うところは使う。それがアラサー女子のお金管理。






ご飯のあとは、疲れ身体を(ご老体を)いたわるということで、



オイルマッサージのお店を探しに。



そこらじゅうにあるけれども、どこも同じような値段。



値切り交渉に応じてくれる店にあたるまで、



三軒くらいまわりました。



そして、一時間400バーツ(約1300円)にまけてもらって、



じっくりと堪能したのでした。



さて、明日はいよいよ舟でリゾート地、ライレイへ移動!!



予想以上に綺麗な絶景に出逢うのでした!!!!!!




 コチラ

 ↓ ↓ ↓







=続く=







にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。